BUSINESS

ROV・潜水調査

調査や点検が困難である水中において、写真や動画撮影をはじめ、サンプリングの採取や計測、異常箇所の劣化診断、膜厚肉厚測定や水中耐震診断など様々な調査が可能となります。

水中構造物は日々進行している施設の劣化に気付かず、経年劣化により配管・弁類・構造物の損傷や漏水など、トラブルになるケースが多く見受けられます。
定期的な点検調査は水中構造物の保守・保全に繋がり、維持管理の指標としてもお役立て頂けます。

ROV調査

ROV(水中調査ロボット)での調査や点検は、オペレーターが水中部の映像をリアルタイムで 確認しながら操作をおこない、構造物や沈殿物・異常箇所などの撮影記録をおこないます。

潜水士での調査が危険となる狭水域の調査も可能となり、 ROVは小型軽量であるため事前調査や現況調査に最適な調査方法となります。

潜水調査

潜水士での調査は構造物の状況調査だけではなく、構造物の詳細な寸法計測や漏水調査、劣化診断などが可能となります。

水中写真や動画の撮影をおこない計測結果はCAD化することで、目に見えない水中構造物を見える形として、適切にお届けすることができます。